医療用ウィッグについて

医療用ウィッグは、女性用は前からあり、最近は男性用も登場しています。昔は発売するメーカーも少なかったですが徐々に増えてきており、それだけいろいろなメーカーから、自分に合うウィッグを探せるようになってきました。医療用ウィッグは、脱毛ややけどなどにより、使用するかつらの一種です。

ウィッグやはり気になるのは、その製品の素材でしょう。素材としては、合成繊維、人毛とのミックス、人毛タイプがあります。合成繊維はアクリルやポリエステルなどが使われ、お手入れが簡単です。人毛は変色するなど扱いは少し難しいですが、自然な質感で、化学繊維にアレルギーのある人でも使えます。さらに生え際や分け目が人口肌になっているもの、アジャスター付のものがあります。ウィッグキャップのネットは頭皮に直接触れるので、ここも重要な部分です。

価格としては、合成繊維は安く、人毛は高く、ミックスはその中間です。また、カラーはどうするのか、地毛と同じ色か、イメージチェンジして変えるのか、ウィッグの髪の毛の長さはどうするか、ショート、セミロング、ロングと選べます。自分のヘアスタイルやカラーと同じだと無難で選びやすいですが、ウィッグを機に変えることもできます。

医療用ウィッグは、このような点を考えてチェックして選んでいくようにします。使用することがわかっているならば、早めに選んでおくと頭部の治療などに専念できます。ただウィッグを選ぶときは、他にも重要なポイントはあります。ここでは、試着についてやアフターサポートについて説明します。