アフターサポートはあるか

医療用ウィッグを購入して使う方は、初めて使用するという方も多いでしょう。使い方やお手入れ方法などと、わからないこともできてきます。このようなことはインターネットで調べることもできますが、使っていると気になる点や、インターネットではわからないこともあります。そのために、購入後にわからないことが出てくるときのために、コールセンターやカスタマーサポート、専門のカウンセラーがいるメーカーの製品を使った方が安心です

ウィッグ特に使用していく中では、ウィッグのお手入れは重要で、行わなければならないものです。使用すれば汗臭くなる、汚れや埃が付くなどするので、お手入れしていきます。基本はブラシで梳かし、汚れたら洗い、地毛のときと同じことを行います。ただウィッグの素材によってもお手入れ方法は違い、熱に弱い製品もあるので、お手入れ方法はよく確認しておくべきでしょう。

そんなお手入れ方法や、使い方など基本のことから、ヘアスタイルに関することなどまで、アフターサポートがあれば、聞いて疑問点を解決できます。アフターサポートは、その他にも、サイズ調整や、ウィッグのカット、メンテナンスなど行ってくれるメーカーもあるので、サポートがあるかどうかも、購入前に調べておくと良いでしょう。

試着できるかチェックしよう

医療用ウィッグを購入する前には、無料試着できるかどうかチェックしましょう。ヘアカタログで選ぶこともありますが、カタログに掲載されている写真と実物では、どこか違うという場合もあります。素敵なウィッグだと気に入って購入し装着してみると、なんだか違和感があり使いにくいということもあります。

試着試着するときには、装着が簡単にできるかどうかもポイントです。非常に安価な値段の製品も登場していますが、毛質が悪い、装着に時間がかかる、という製品もあります。医療用ウィッグは、脱毛ややけどの治療後に装着することになるので、体力が落ちた状態でも装着できるか確認しましょう。

そしてヘアスタイルを整えられるかも重要です。自分には慣れたヘアスタイルというのはあるので、そのスタイルにできるかどうかです。一部のメーカーならば、自分の髪型の写真を送ることで、そのスタイルに仕上げてくれるところもあります

医療用ウィッグを装着しても、人目に触れることもあるので、ヘアスタイルは自分らしいスタイルにできた方が良いでしょう。今までと違うヘアスタイルにして、雰囲気が合わなくなる可能性もあります。購入したウィッグが気に入らないので、違うウィッグにすると気軽に行える値段の製品でもないので、試着できるかどうかは重要です。次のページでは、アフターサービスについて説明します。

参照通販サイト:医療用ウィッグ

医療用ウィッグについて

医療用ウィッグは、女性用は前からあり、最近は男性用も登場しています。昔は発売するメーカーも少なかったですが徐々に増えてきており、それだけいろいろなメーカーから、自分に合うウィッグを探せるようになってきました。医療用ウィッグは、脱毛ややけどなどにより、使用するかつらの一種です。

ウィッグやはり気になるのは、その製品の素材でしょう。素材としては、合成繊維、人毛とのミックス、人毛タイプがあります。合成繊維はアクリルやポリエステルなどが使われ、お手入れが簡単です。人毛は変色するなど扱いは少し難しいですが、自然な質感で、化学繊維にアレルギーのある人でも使えます。さらに生え際や分け目が人口肌になっているもの、アジャスター付のものがあります。ウィッグキャップのネットは頭皮に直接触れるので、ここも重要な部分です。

価格としては、合成繊維は安く、人毛は高く、ミックスはその中間です。また、カラーはどうするのか、地毛と同じ色か、イメージチェンジして変えるのか、ウィッグの髪の毛の長さはどうするか、ショート、セミロング、ロングと選べます。自分のヘアスタイルやカラーと同じだと無難で選びやすいですが、ウィッグを機に変えることもできます。

医療用ウィッグは、このような点を考えてチェックして選んでいくようにします。使用することがわかっているならば、早めに選んでおくと頭部の治療などに専念できます。ただウィッグを選ぶときは、他にも重要なポイントはあります。ここでは、試着についてやアフターサポートについて説明します。